債務整理の費用の相場は?弁護士と司法書士で違う?

債務整理というものは法律によって行われるもので、本来は法律のプロである弁護士さんのお仕事です。
しかし実際には弁護士さん以外にも認定司法書士さんや行政書士さんでも債務整理を受け入れているようです。

 

ただ、行政書士さんではかなりの制約があるため、債務整理といっても本来の書類作成やアドバイス、相談ぐらいにとどまってしまうので債務整理としてはあまりお勧めはできません。
となると、残りの弁護士さんと認定司法書士さんということになるのですが、弁護士さんは法律に携わる職業ですのでこういったことを専門とするのですが、司法書士さんはある意味行政書士さんと同じように法で定められた書類の作成をするのが主なお仕事で債務整理などを行う職業ではないのです。

 

しかしここ最近債務整理を行う方が多くなったためにそれを円滑に進めるために研修を受け、テストにパスした司法書士さんを「認定」司法書士さんと呼び、そういった方たちのみある一定の制限を設けて書類作成だけでなく、実際に債務整理の手続きや処理などを行うことができるようになったのです。
要するに弁護士さんだけでは手が回らないので特別にテストをクリアした司法書士さんでも債務入りをできるようにしたということです。

 

そこで債務整理を必要とする人が弁護士さんなり認定司法書士さんにお願いすることになるのですが、やはり本職の弁護士さんと特別にある程度のことを許された司法書士さんとどちらを選ぶことになるでしょうか?
たぶん、比較してしまうと本職の弁護士さんの方が何かと頼りになりそうだとか、うまくやってより借金返済を軽くしてくれるだろうと期待を持ってしまい、弁護士さんを選ぶことになるでしょう。
しかしそれではせっかく苦労して取得した「認定」司法書士の肩書を持つ方は困ってしまいます。
そこで高い高いといわれることが多い弁護士さんの費用より安くして、安さで勝負するようになったのです。

 

一般的に売られている商品やサービスなどと同じで安い方が食いつきがいいからです。
一般的な費用を比較してみると平均して弁護士さんに頼むより司法書士さんの方が10万円以上安い設定になっています。

 

もちろん制限もあるのですべての方が司法書士さんで債務整理ができるということではありませんが、そういった制限以下の場合であれば安さというのは強い武器になるのです。
費用の相場を見ると弁護士さんで任意整理の30万円前後から自己破産の80万円前後まで、司法書士さんでは任意整理だけですが20万円台ぐらいで出来るようです。

お金がないけど、安く済む方法はある?分割可能?

債務整理は借金に苦しむ人が行うことで、借金を苦しむということはお金がなくて借金をしているということです。
更に考えてみると借金をしている人というのは基本的にお金がない方ということになりますが、そういった方が債務整理をして借金返済を楽にしようとするのにも多大なお金がかかってしまいその部分で債務整理にこぎつけない方もいるようです。
確かに返済に困っているぐらいですから弁護士さんなどに支払う費用を工面するのも大変なことです。

 

できればもう少し安くならないかなどと思っている方もいるでしょう。
しかし弁護士さんや司法書士さんの債務整理にかかる費用は家電量販店のように粘れば安くなるというものではなく、最低限必要な経費などを含めて設定されているのでいわゆる値引きということはあまり行っていません。
しかし、それが全くできないということではなく、債務整理を行わなければならないという事情を知っているので、多少は安くしてくれる可能性はあります。

 

そもそも弁護士さんの費用は経費を含んでいますがそれ以外はすべて利益、要するに言い値であるためそのへん多少融通は効くのです。
しかし、何もしないで安くするということはあまりなく、例えば処理工程の一部である書類の提出や必要書類の取得などを本人自らが行ってその分の経費をなくしてそれを値引きに充てるということを行っているところもあるようです。

 

もし安くならない場合でも費用の支払いはそれほど難しくはない

 

なぜならほとんどの弁護士事務所や司法書士事務所では債務整理にかかる費用を分割で払うことができるようにしているからです。
月々支払う金額は債務整理の内容や借金の金額、件数などのよって変わってきますが、着手したからすぐに支払いが始まるということでないことが多く、だいたいの場合着手して方向性がきまってから毎月の借金の返済と同時に支払うこととなり、それまでの間に準備しておくということもできます。
金額的にも今までの借金返済分と合わせてもそれまで支払ってきた毎月の返済額より低くなることが多いので、実質的にも支払いは楽になると思われます。

 

毎月の返済に追われ、分割払いというものに抵抗がある方も多いかと思いますが、分割払いでも毎月支払うことによって、借金返済が楽になったり、督促や取り立てなどにビクビクすることがなくなりますので決して損ではないかと思います。
それにかかって費用以上に今までの借金自体が少なくなることが多いので実質的には無料と考えることもできるでしょう。

任意整理と自己破産どっちが費用が安い?

債務整理は将来的な返済可能額や借入金額、裁判所が入るか入らないか、財産があるのかないのかなどから、どの債務整理が一番妥当なのかということを弁護士さんが判断して行います。
その債務整理の中で一番効果の低いのが過払い金請求を含めた任意整理、借金をなくしてしまうほど効果の高いのが自己破産ということになり、効果としては両極端にいるもの同士となるのですが、面白いことに弁護士費用としてかかる費用はそれほど大きな違いがありません。
例えば任意整理では実際に払う費用のほとんどが弁護士さんに支払う弁護士費用で、相談料や着手金、成功報酬などを支払えばそれで任意整理を行うことができます。

 

最近では相談料や成功報酬などをとらず、すべて着手金として支払うことが多くなっており、明確な支払いをすることができるようになってきていますが、任意整理の場合は借入先件数に応じて、費用が掛かる形態となっていることが多く、数社に分けて借金をしている方の場合はそれなりに掛かってしまうでしょう。
相場としては5件の貸金業からの借り入れでだいたい25万円から30万円程度となります。
一方、究極の債務整理である自己破産の場合はもちろん弁護士費用をお支払いすることになります。

 

自己破産の場合は件数よりも同時廃止か管財事件かによって金額差が付けられているようで、高い設定になっている管財事件で35万円前後ぐらいの費用が掛かり、これだけで見れば任意整理とさほど大きな違いはありません。
しかし、自己破産には弁護士費用の他に裁判所での諸手続きのためのいろいろな費用が掛かってしまうのです・

 

収入印紙代として1500円、予納郵券代として3000円から15000円くらい、それに予納金として同時廃止で10000円から30000円ぐらい、小額管財事件で最低でも20万円くらい、管財事件で最低で50万円ぐらいになります。
予納郵券代はこれもまた借入件数によって違いがあり、予納金は借金の金額や財産の規模によって大きく差が出ます。
これだけでも一番安く見積もっても14500円ぐらい、高く見積もれば60万円オーバーということになってしまうでしょう。

 

自己破産の場合はむしろこちらの方が費用のウェイトが高く、手続き費用として決められていることですので安く済ますとか払わないで済ますといったことは決してできません。
むしろこういった費用を支払わないと手続きが滞り、最悪免責がおりなといったことにもつながりますのでこれらの費用は支払い義務があると考えるべきでしょう。
トータルで考えれば、借金をなかったことにするという大きな効果を持つ自己破産の方がやはり高くつくといっていいでしょう。"